B-01 Ginkgo Biloba イチョウ

B-01 Ginkgo Biloba イチョウ (quote from wikipedia) Ginkgo biloba, known as ginkgo or gingko (both pronounced /ˈɡɪŋkoʊ/), also known as the ginkgo tree or the maidenhair tree, is the only living species in the division Ginkgophyta, all others being extinct. It is found in fossils dating back 270 million years. Native to China, the tree is widely cultivated and was introduced early to human history. It has various uses in traditional medicine and as a source of food. The genus name Ginkgo is regarded as a misspelling of the Japanese gin kyo, “silver apricot”

 

イチョウ(銀杏、公孫樹、鴨脚樹、学名:Ginkgo biloba) 裸子植物門 / イチョウ綱 / イチョウ目 / イチョウ科 / イチョウ属に属する、裸子植物。 イチョウ科の植物は中生代から新生代にかけて世界的に繁栄し、世界各地(日本では山口県や北海道)で化石が出土しているが、氷河期にほぼ絶滅し、イチョウは唯一現存する種である。繁殖力が強く人為的に広く栽培・植樹されており、現存する唯一のイチョウ綱で、生きている化石としてレッドリストの絶滅危惧IB類に指定されている。

 

 

Model number

  • B-01 (Basic Model)

Number of specimen

  • 1 -2

Size

  • A : W105 x H190 x D8 mm