B-12 Helleborus ヘレボラス

B-12 Helleborus (quote from wikipedia) Commonly known as hellebores /ˈhɛlᵻbɔərz/, the Eurasian genus Helleborus consists of approximately 20 species of herbaceous or evergreen perennial flowering plants in the family Ranunculaceae, within which it gave its name to the tribe of Helleboreae. The so-called Christmas rose (H. niger), a traditional cottage garden favourite, bears its pure white flowers (which often age to pink) in the depths of winter; large-flowered cultivars are available, as are pink-flowered and double-flowered selections.

 

ヘレボラス(クリスマスローズ、寒芍薬学名: Helleborus) 被子植物 / キンポウゲ目 / キンポウゲ科  ヘレボラスの花に見える部分は、植物学上では「花」ではなく「萼片」という部分と言われています。そのため、鑑賞期間が比較的長く、本来の花弁も蜜腺として残り、これが大きく発達したものを選別した品種も多種あります。多くの品種は、クリスマスのころではなく、春に開花すし、夏は休眠状態となり、根は活動を休止し、呼吸しているだけの状態となります。20世紀後半の品種改良は、主にイギリスでヘレン・バラードやエリザベス・ストラングマンによって進められ、「クリスマスローズ」という呼称も「イギリスのクリスマス」に開花するという意味からきています。

(quote some part from wikipedia)

 

 

Model number

  • B-12 (Basic Model)

Number of specimen

  • 1

Size

  • A : W105 x H190 x D8 mm
  • B : -
  • C : -
  • D : W297 x H400 x D6 mm